「グローバル・リスク分析」2012年版

  • リスク1. ソフトな輸出障壁による地域経済ブロック形成の動き
  • リスク2. 欧州・米国の経済低迷とその世界的連鎖
  • リスク3. 歳出大幅削減による米国の対外関与の全般的後退
  • リスク4. 中国による米国の「口先コミットメント」への挑戦
  • リスク5. 南シナ海における緊張の持続と偶発事故の可能性
  • リスク6. 金正恩新体制下の北朝鮮が展開する生き残りゲーム
  • リスク7. ミャンマーをめぐる米中の外交競争の熾烈化
  • リスク8. 米パ対立激化とアフガン情勢悪化で南アジアが不安定化
  • リスク9. 米軍撤退後の力の空白がもたらす中東大動乱
  • リスク10. 核兵器開発への国際包囲網強化でイラン暴発の可能性

【代表執筆者】

菅原 出
/国際政治アナリスト
保井俊之
/慶應義塾大学先導研究センター特任教授
金子将史
/政策シンクタンクPHP総研 国際戦略研究センター長兼主席研究員

【内容】

<目次>

  • はじめに
  • グローバル・オーバービュー
  • グローバル・リスク2012
  • 因果ループ分析によるグローバル・リスク分析
  • 日本にとっての政策的インプリケーション
cover_20120113

本文を読む
PDF

View more

お問い合わせ

注目コンテンツ