政策提言「新しい勤勉(KINBEN) 宣言」【報告書】
―幸せと活力ある未来をつくる働き方とは―

 本報告書は2015年9月16日発表の政策提言「新しい勤勉(KINBEN)宣言―幸せと活力ある未来をつくる働き方とは―」を拡充したものです。提言書では、働く人一人ひとりが幸福を感じ、かつ社会全体が活力を得るためには、「時間当たりの生産性の高さ」を重視する「新しい勤勉(KINBEN)」という価値観への脱却が必要と論じ、新しい働き方の3原則とその実現に向けた7つの提言を提示いたしました。

 本報告書では、その提言書の内容に加え、そこに至るまでの問題意識、現状分析、調査内容、検討課題をより具体的に記すとともに、提言をとりまとめた研究会のメンバーによる今後の働き方に関する二つの鼎談を掲載しています。「働き方」を変えることは、日本が抱える数多くの課題を克服するカギになると考えられます。本報告書によって、より多くの方々に問題意識が共有され、変革への歩みが前進することを願っております。

【内容】

目次

  • 報告書の発刊にあたって
    エグゼクティブサマリー
  • 第1部 [政策提言]
    • 1.「新しい勤勉(KINBEN)」とは
    • 2.「新しい勤勉(KINBEN)」3つの原則
    • 3.「新しい勤勉(KINBEN)」7つの提言
  • 第2部 [本編]
    • 第1章:世界の変化と日本の課題
    • 第2章:日本における働き方と課題の変遷
    • 第3章:日本におけるスマートプラクティスの実例
    • 第4章:「新しい勤勉(KINBEN)」実現のための方向性
    • 第5章:「新しい勤勉(KINBEN)」を実現させる方策
  • 第3部 [鼎談]
    • 「働き方」の価値観を変える
  • [資料] 参考文献、主なヒアリング実施リスト、ポンチ絵1・2、PHP総研「新しい働き方」研究会メンバー略歴
kinben_2015

本文を読む
PDF

View more

お問い合わせ

注目コンテンツ