Voice×PHP総研ウェビナー
「核恫喝の下でのハイブリッド戦争」と抑止・軍備管理

『Voice』編集部と政策シンクタンクPHP総研は、『Voice』の注目論考の著者をゲストに迎え、読者の皆さまと共に考えを深める場としてウェビナーを共催しています。

 

第11回目は、『Voice』2022年6月号特集「日本をどう守るか」に寄稿した秋山信将一橋大学大学院教授をお迎えし、ウクライナ戦争で如実に示された「核恫喝の下でのハイブリッド戦争」が顕在化する戦略環境にいかに対処するか、抑止のあり方や軍備管理・軍縮の展望について皆さまと共に考えていきます。

 

コメンテーターは髙見澤將林元国家安全保障局次長と岩間陽子PHP総研客員研究員、モデレーターはPHP総研代表・研究主幹の金子将史が務めます。

 

cover

目次はこちら

View more

ウェビナー概要

日時

2022年5月25日(水)14:30-16:00

視聴方法

Zoom Meeting

下記よりご登録頂き、視聴用リンクを発行ください。

ミーティング登録

 

最新バージョンのZoomでのご参加を推奨しております。

※終了後にご視聴いただくことはできません。

対象

月刊誌『Voice』読者
外交・安全保障政策に携わる行政関係者
グローバルにビジネスを展開する企業関係者

定員

200名

参加費

無料

スピーカー

秋山 信将/一橋大学大学院法学研究科教授

1967年、静岡県生まれ。コーネル大学公共政策修士課程修了、一橋大学より博士(法学)を取得。日本国際問題研究所主任研究員、在ウィーン国際機関日本政府代表部公使参事官などを経て現職。専門は国際政治学、安全保障論。著書に『核不拡散をめぐる国際政治』(有信堂高文社)、『NPT――核のグローバルガバナンス』(編著、岩波書店)、『「核の忘却」の終わり』(共著書、勁草書房)など。

秋山 信将/一橋大学大学院法学研究科教授

コメンテーター

髙見澤將林/東京大学公共政策大学院客員教授、元国家安全保障局次長

1955年生まれ。長野県出身。78年、東京大学法学部卒業後、防衛庁に入庁。防衛省防衛政策局長、防衛研究所長、内閣官房副長官補(安全保障・危機管理担当)、国家安全保障局次長、内閣サイバーセキュリティセンター長などを歴任し、2016年7月に退官。同年12月から2020年1月まで軍縮会議日本政府代表部大使。

髙見澤將林/東京大学公共政策大学院客員教授、元国家安全保障局次長

岩間 陽子/PHP総研客員研究員・政策研究大学院大学教授

京都大学法学部卒業、同大学大学院博士後期課程修了。ドイツ留学時、ベルリンの壁の崩壊と東西冷戦終結を体験。博士(法学)。在ドイツ日本国大使館専門調査員、政策研究大学院大学助教授などを経て、2009年から現職。専門は国際政治、欧州安全保障。著書に『核の一九六八年体制と西ドイツ』(有斐閣、2021年)、『ドイツ再軍備』(中公叢書、1993年)など。

岩間 陽子/PHP総研客員研究員・政策研究大学院大学教授

モデレーター

金子 将史/PHP総研代表・研究主幹

1970年生まれ。東京大学文学部卒。ロンドン大学キングス・カレッジ戦争学修士。松下政経塾塾生等を経て現職。専門は外交・安全保障。著書に『パブリック・ディプロマシー戦略』(共編著、PHP研究所)、『日本の大戦略』(共著、PHP研究所)など。「国家安全保障会議の創設に関する有識者会議」議員等を歴任。

金子 将史/PHP総研代表・研究主幹

主催

『Voice』編集部
政策シンクタンクPHP総研

注目コンテンツ