新時代ビジョン研究会

 本研究会は、一般財団法人鹿島平和研究所と政策シンクタンクPHP総研が同じ問題意識のもとに2018年4月にスタートさせた共同プロジェクトです。
 明治維新から戦前のわが国は富国強兵により日清・日露戦争に勝利して列強入りするものの、対中・対米英の総力戦に突入して敗れ、社会に大きな損失と混乱をもたらしました。戦後は加工貿易によって復興し、“Japan as Number One”と称賛されるまでに至りましたが、バブル崩壊以降は経済の構造転換も進まず、財政も肥大化し、将来的には財政破綻という社会生活を脅かすリスクを負っています。
 戦前戦後に共通してみられるわが国の問題は、時代や環境の変化に応じて自らを変えることができず、結果として破滅的な状況に陥ってしまうところにあるのではないか。現在のわが国は新たなライフサイクルの節目にあり、その変化に応じてビジョンを示し、自己変革できる国とならなければなりません。
 本研究会では、わが国の新たなライフサイクルを展望し、それに対応すべき中長期的なビジョンを掲げるとともに、その実現に向け我われは何をなすべきかについて検討をしていきます。
 最終的な提言の発表は2020年秋を目途としておりますが、そこに至る研究会の内容を社会に対する問題提起として、月刊誌『Voice』(PHP研究所)等で随時紹介してまいります。

【新時代ビジョン研究会メンバー】

小黒一正
(法政大学教授/鹿島平和研究所理事)
金子将史
(政策シンクタンクPHP首席研究員)
亀井善太郎
(政策シンクタンクPHP主席研究員)
末松弥奈子
(株式会社ジャパンタイムズ代表取締役会長)
永久寿夫
(政策シンクタンクPHP総研代表)
平泉信之
(鹿島平和研究所会長)
松本道雄
(CBREグローバルインベスターズ・ジャパン取締役/鹿島平和研究所理事)
御立尚資
(ボストン コンサルティング グループ シニア・アドバイザー)

(50音順、敬称略)

注目コンテンツ