菅原 出 (すがわら・いずる)

PHP総研特任フェロー
NPO法人・海外安全・
危機管理の会(OSCMA)代表理事
合同会社グローバルリスク・アドバイザリー代表

専門分野 【 外交・安全保障、治安リスク分析、危機管理 】

photo1

経 歴

中央大学法学部政治学科卒業後、オランダ留学。アムステルダム大学政治社会学部国際関係学科卒。国際関係学修士号取得。在蘭日系企業勤務、東京財団リサーチフェロー、英国系危機管理会社G4S Japan役員等を経て現職。
米国を中心とする外交・安全保障問題、中東の安全保障やテロリズム、治安リスク分析や危機管理が専門で、大手プラント会社、商社や国際協力機構(JICA)の危機管理アドバイザーを務める。

【主な論文・論考・編著作・講演など】

【主な著作】

  • 『米国とイランはなぜ戦うのか?』(並木書房、2020年)
  • 『「イスラム国」と「恐怖の輸出」』(講談社現代新書、2015年)
  • 『リスクの世界地図』(朝日新聞出版、2014年)
  • 『秘密戦争の司令官オバマ』(並木書房、2013年)
  • 『ウィキリークスの衝撃 世界を揺るがす機密漏洩の正体』(日経BP社、2011年)
  • 『民間軍事会社の内幕』(ちくま文庫、2010年)
  • 『戦争詐欺師』(講談社、2009年)
  • 『外注される戦争 民間軍事会社の正体』(草思社、2007年)
  • 『日本人が知らない「ホワイトハウスの内戦」(ビジネス社、2003年)
  • 『アメリカはなぜヒトラーを必要としたのか』(草思社、2002年)

【研究会】

【社会的活動】

  • NPO法人 海外安全・危機管理の会(OSCMA)の代表理事として、安全保障、危機管理分野の人材育成や情報発信・啓蒙活動に従事。大学生や若手社会人を対象とした「外交・安全保障サマーセミナー」の代表世話人も務める。
  • 日本防災士機構認定防災士、一般財団法人「72時間サバイバル教育協会」認定コーチとして、減災・災害サバイバル・スキルの普及活動にも取り組んでいる。