PHP公共イノベーション講座

政策シンクタンクPHP総研の原点は、「政治は国家国民を対象とした経営活動である」とした創設者・松下幸之助の思いにあります。この点に立脚し、地域社会や政治・行政の今を経営の視点でとらえて、あるべき姿へと導くイノベーションを推進していくための学びの場が、PHP公共イノベーション講座です。

地域・組織の風土や価値観を尊重しながら、政策シンクタンクとして培ってきたノウハウや様々なネットワークを活用して、自治体職員、議員、企業関係者等、それぞれの経営現場にふさわしい実践方法を明らかにし、さらに協働と地域還元によって新たな公共の創造につなげます。

政策シンクタンクPHP総研は、こうした理念の実現に向けた取り組みを支援するため、暮らしと健幸、地域活性化、ガバナンス、まちづくりといった各経営領域に関する事例を取り上げて、イノベーションを興す政治、行政、企業等の創出を支援する各種プログラムを「公共イノベーション講座」として順次、開催していきます。

PHP公共イノベーション講座長
佐々木 陽一

公共イノベーション講座の領域

【暮らし・健幸領域】

予防施策による住民の健康増進、医療費の適正化、健康に資する生活改善、高齢者のフレイル(虚弱)予防、医療・福祉サービスの供給体制の整備等、超高齢社会における「健幸」な地域づくりのあり方をハード・ソフト両面から考える領域です。

【地域活性化領域】

経済のグローバル化が一層進んでいくなかにあっても、持続的に成長すると同時に、地域になくてはならない存在としてあり続けるためには、どんな戦略や手法が経営に企業経営に必要なのか。また、国、自治体はどのような政策で企業を支援すべきかを考える領域です。

【ガバナンス領域】

地方分権の進展とともに、自治体が地域特性に応じた政策の主体的決定、自助努力、自己責任で執行できる裁量が大きくなっています。それに伴い、政策の実効性を高めるためには、行政、議会、市民等の各ステークホルダーがチェック&バランスする体制の構築、制度運用、手法の整備が不可欠です。本領域では、こうしたガバナンス機能のあり方を考えます。

【まちづくり領域】

自治体は、人口や税収の減少に伴い生活サービス水準を縮退させるのではなく、縮みながら充実させる「縮充のまちづくり」を編み出さねばならない時期を迎えています。本領域では、そうしたまちづくりが立脚する価値観の確立、地域の支え手の養成、一定の高密度な集積による都市機能の維持、住民との合意形成、官民連携等のあり方等を考えます。

プログラム

お申込み受付は終了しました

開催日時

2021年2月22日(火)15:30~17:10

テーマ

戦略的に「縮む力」を高める~人口減少で消滅しないための地域経営思考法~

本プログラムのポイント

これまでの発想や手法が全く通用しなくなる時代の到来
地域が消滅しないために今、職員、議員に求められる思考の要諦
自治体の職員不足、議員のなり手不足で起こることとは
地方の成功モデルが破綻する?!
郊外拡大型まちづくりの顛末とは など
詳細はこちら

過去開催の講座

 

注目コンテンツ