鈴木 崇弘 (すずき・たかひろ)

PHP総研主席研究員
城西国際大学大学院国際アドミニストレーション
研究科客員教授

専門分野 【 公共政策 、ガバナンス、政策人材の育成、政策市場 】

stuff_suzuki02

経 歴

東京大学法学部卒。マラヤ大学、イースト・ウエスト・センター奨学生として同センターおよびハワイ大学大学院(政治学・未来学専攻修士号取得)に留学。総合研究開発機構、日本国際フォーラム、笹川平和財団、日本財団勤務、設立に参画し東京財団研究事業部長、(社)アジアフォーラム・ジャパン上席研究員、大阪大学特任教授・フロンティア研究機構副機構長、自由民主党党改革実行本部シンクタンク準備室長、設立に参画し自民党系の政策研究機関「シンクタンク2005・日本」理事・事務局長。1991年-1993年アーバン・インスティテュート(米国)アジャンクト・フェロー。2006年-2016年中央大学大学院公共政策研究科客員教授。
 現在、厚生労働省参与、法政大学大学院兼任講師、日本政策学校共同代表、一般財団法人未来を創る財団アドバイザー、Yahoo!ニュースのオーサー等も務める。

関西ニュービジネス協議会学生ニュービジネス大賞2004選考委員長。大阪駅北地区国際コンセプトコンペ優秀賞受賞(共同提案者)

【主な論文・論考・編著作・講演など】

【 主な著作 】

〔 単著 〕

  • 『日本に「民主主義」を起業する―自伝的シンクタンク論 』(第一書林、2007年)

〔 共著 〕

  • ”Policy analysis in Japan” (Policy Press at the University of Bristol、2015年)
  • 『190国会版 国会議員三ツ星データブック』(万年野党、2016年)
  • 『学校「裏」サイト対策Q&A~子どもを守るために~』(共著)(東京書籍、2011年)
  • 『政策形成(BASIC公共政策学 第10巻)』(ミネルヴァ書房、2010年)

〔 共編著 〕

  • 『僕らの社会のつくり方~10代から見る憲法~』(遊行社、2014年)
  • 『できる総理大臣のつくり方』(春日出版、2009年)
  • 『シチズン・リテラシー・・・社会をよりよくするために私たちにできること』(教育出版、2005年)
  • 『世界のシンク・タンク—「知」と「治」を結ぶ装置』(サイマル出版会、1993年)

〔 翻訳 〕

  • 『社会を変える教育~英国のシテイズンシップ教育とクリック・レポートから~』(キーステージ21、2012年)
  • 『アメリカに学ぶ市民が政治を動かす方法』(監訳および共訳)(日本評論社、2002年)

【 最近の論文 】

  • 「18歳選挙施行 必要とされる有権者教育と望まれる政治参加とは(3)」 MORGEN(モルゲン)3月号 2016年3月
  • 「18歳選挙権で日本はこう変わる…18歳選挙権から見る日本の民主主義(2)」 MORGEN(モルゲン)2月号 2016年2月
  • 「新たな交流の場、地域の拠点、人財育成の場に―サードプレイスの現状と今後の可能性―」 地域づくり2月号 2016年1月
  • 「なぜ今18歳選挙権なのか 来るべき参議院選挙とは何か(1)」 MORGEN(モルゲン)1月号 2016年1月

【 研究会 】

  • PHP「新しい働き方」研究会メンバー(2014年11月~2015年9月)
  • PHP「新国家経営」研究会メンバー(2016年1月~現在)

【 社会的活動 】

  • 厚生労働省参与
  • 日本政策学校共同代表
  • 一般財団法人未来を創る財団アドバイザー
  • 国会議員の活動データを集積をする会運営者
  • その他