日本 次なる時代の座標軸
―京都座会「本会議」―

【骨子】

  • (1)平和・自由責易・人口定住は世界と日本にとって不可欠であり、その実現に向け日本は経済的・技術的・ 文化的努力を行う
  • (2)国内システムには国際的協調性と柔軟性が必要であり、そのため日本は自由な経済体制と民主主義の碓立・擁護に努力する
  • (3)国内生活の実質的向上と選択の自由拡大に努め、効率的で安全・公正な社会実現を目指す
  • など、日本が21世紀の国際社会に対応していく基本精神を提案する。

メンバー

天谷 直弘
/電通総研所長
斎藤 精一郎
/立教大学社会学部教授
飯田 経夫
/国際日本文化研究センター教授
堺屋 太一
/アジアクラブ理事長・作家
石井 威望
/慶應義塾大学環境情報学部教授
広中 平祐
/ハーバード大学名誉教授
牛尾 治朗
/ウシオ電機会長
渡部 昇一
/上智大学文学部教授
加藤 寛
/慶應義塾大学総合政策学部教授
江口 克彦
/PHP総合研究所専務取締役
高坂 正尭
/京都大学法学部教授

注目コンテンツ