地方財政の危機克服と地方政府の確立にむけて
―道州制、税財政と資金調達、財政投融資改革などを通して―

【目次】

  • 1.地方分権論議の課題
    • 1.地方政府(地域主権:道州制と基礎自治体)確立の明確化
    • 2.条例の自律(地方政府確立の視点に立った司法改革論議の必要性)
    • 3.計画責任の論理構成
    • 4.税財政制度の検討
    • 5.自治体経営と地域経営の融合
  • 2.地方財政危機の本質
    • 1.地方財政の中央集権化
    • 2.景気対策と地方財政
    • 3.深層部の流れ
  • 3.地方自治体と金融システム改革
    • 1.資金調達の多様化
      • 1.免税債
      • 2.アンブレラ債
      • 3.ファンドブリーフ債
    • 2.資産活用の拡充
    • 3.財政再建団体制度の再検討
    • 4.行財政のシステミック・リスク
  • 4.地方政府と財政投融資改革
    • 1.財政投融資の中央集権体質
    • 2.長期金利上昇の構造とリファイナンスリスク
    • 3.郵便貯金自主運用と地方自治体
      • 1.郵便貯金の自主運用
      • 2.自主運用と地方財政
  • 5.サプライサイド的発想と選択する自治
    • 1.財政投融資の中央集権体質
    • 2.地域経営に対する新たな視点
    • 3.多選について

注目コンテンツ