地域経済活性化プラン パート2
―『元気なまちのスゴイしかけ-地域経済を活性化する全国24の実例に学ぶ-』―

 「疲弊した地域経済を元気づけたい」。そんな想いから始まった本研究は、2003年に自治体が採るべき基本戦略を『地域経済活性化プラン』として提言した後も、『地域経済活性化プランパート2』として、国内24地域の自治体や企業への調査を行ってきました。本書はその成果をまとめたものです。
 その第1の特色は、「地域経済活性化のために、自治体・企業・住民が何を行なったのか、そこにどんなしかけがあったのか」を地域ごとに明らかにした点です。実例を通じて、活性化の方法をより具体的にイメージできるでしょう。
 第2の特色は、実例に共通するエッセンスを丹念に抜き出し、活性化の「極意」、すなわち活性化の原則を示した点です。自治体の財源不足と税収の先細りが見込まれるなか、「どうすればまちを元気にできるのか」、みずからの地域に適した具体策を考える上で多くのヒントを与えてくれるでしょう。

会見風景

「地域経済活性化」研究プロジェクトメンバー

南 学
/神田外語大学教授
西澤 正樹
/亜細亜大学アジア研究所助教授
真田 幸光
/愛知淑徳大学教授
永久 寿夫
/PHP総合研究所第二研究本部長
荒田 英知
/PHP総合研究所研究部長
土井 系祐
/PHP総合研究所研究プロデューサー
佐々木陽一
/PHP総合研究所研究員

【内容】

<目次>

  • 第1部
    活性化に取り組む24の実例を見る
  • 第2部
    地域経済を活性化する極意を考える

書籍をご希望の方は、表紙をクリックして下さい。

注目コンテンツ