『北海道経営ビジョン』
―依存から自立への戦略シナリオ―

 弊社では、創設者である松下幸之助が1967年に提唱した「北海道独立論」を受けて、北海道の将来ビジョンに関する独自の研究プロジェクトを行って参りました。それは、わが国全体の新しい国のかたちとして求められる「地域主権型道州制」の北海道版といえるものです。このたび、その研究成果がまとまりましたので、統一地方選を控えたこの時期に、「北海道の本来あるべきマニフェスト」として発表しました。

 道内外の有識者の協力を得て取りまとめた本報告書は、「北海道経営ビジョン」と題しています。「依存から自立へ」を基調テーマに据え、「3つの基本理念」「基本理念にもとづく8戦略」「ビジョンを実現する21政策」「戦略シナリオ(工程表)」などからなっています。

 2月14日に札幌市内で記者発表会を行い、道内報道機関や自治体関係者の皆様にお集まりいただきました。報告書は本ホームページからダウンロードできますので、北海道の地域経営に携わる皆様のご参考にしていただけましたら幸いです。

「北海道経営ビジョン」検討メンバー

座長:永久 寿夫
/PHP総研 研究主幹
委員:荒田 英知
/PHP総研 主席研究員
真田 幸光
/愛知淑徳大学ビジネス学部教授
中島 興世
/前恵庭市長
松田 一敬
/北海道ベンチャーキャピタル株式会社 代表取締役
横田 耕一
/稚内市長
吉見  宏
/北海道大学大学院経済学研究科教授
ロス フィンドレー
/株式会社NAC 代表取締役
和田 忠久
/拓殖大学国際開発研究所 教授
事務局:宮下 量久
/PHP総研 研究員

【内容】

【報告書】

表紙画像をクリックすると、全文ダウンロードできます。

cover20110214

本文を読む
PDF

View more

お問い合わせ

注目コンテンツ