PHP総研の公共イノベーション

地域社会や政治・行政の今を経営の視点でとらえて、あるべき姿へと導く公共イノベーションを進めます。

PHP総研の原点は、「政治は国家国民を対象とした経営活動である」とした創設者・松下幸之助の思いにあります。
研究成果や政策提言は内容が優れていることはもちろんのこと、そうした経営活動のなかに生かされ、世の中に還元されてこそ意義あるものです。PHP総研の公共イノベーションは、地域・組織の風土や価値観を尊重しながら、政策シンクタンクとして培ってきたノウハウを活用してそれぞれの現場にふさわしい実践方法を明らかにし、さらに協働することによって新たな価値の創造と確かな成果実現につなげます。

【PHP総研が取り組む公共イノベーション】